Home > Product Information > CytoAutoーラボスケールサイズの培養液自動交換システムー

CytoAutoーラボスケールサイズの培養液自動交換システムー

アイカムス・ラボ 培養液自動交換システム「CytoAuto」は

当社のマイクロアクチュエータのテクノロジーを活用することにより、ANSI/SBS規格に適合し、インキュベータ内で使用可能なラボスケールサイズの培養液自動交換システムを実現しました。

Promotion Video

培養装置特徴

●高信頼性の培養液交換
・システムのチューブレス化によるコンタミリスクの低減
・低デッドボリューム(ポンプを含め50μL程度)
・システムエラー時に警告をメール送信
・作業ログ機能(培養液の交換時間と速度、細胞株名、培養液など記録)

●作業効率の向上
・培養液の自動交換(休日中も定日定時に交換)によるコスト削減
・ポンプなど機器の追加購入は不要
・シンプルな作業手順(流路プレートを培養皿に載せる→細胞播種→培養開始)

●ANSI/SBS規格に適合したシンプルな装置構成
・カルチャープレートと同じサイズの為、既存のインキュベータや顕微鏡が利用可能
・市販の35mm培養皿を培養容器として使用(現行の培養方法からの切替が容易)
・ライブイメージング、細胞機能評価、長期培養などに使用可能

システム構成と特徴

システム構成

基本性能(カスタムはご相談ください)

外形寸法[mm] 長さ 128 × 幅 85 × 高さ 40
本体重量[g] 200
適用できる培養皿 35mm(最大2枚まで)
リザーバ/廃液溜め容積[mL] 4~10
電圧[V] DC 12 / バッテリー駆動可能

*製品の仕様は変更する場合があります

リザーバ、廃液溜めに適用可能な容器とその容器へ投入可能な液量

容器 社名 投入可能液量[mL] 容量
35mm 培養皿 FALCON,WAKI,CORNING
greiner,Nuncl,SUMILON
5 培養液2~3回交換可能
6穴プレート用
ドロップイン容器
サンプラテック 10 培養液4~6回交換可能

適合する培養皿

社名 Code 適合性
FALCON 351008 推奨
IWAKI 3000-035 利用可能
CORNING 430165 利用可能
greiner 627160 利用可能
Nunc 150318 利用可能
SUMILON MS-10350 利用可能

本製品開発について

本製品は、当社のマイクロアクチュエータの技術と、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)が公募した「平成27年度追加実証・用途開拓研究支援事業―サンプル支援事業―」ならびに、公益法人いわて産業振興センターが公募した「平成27年度 医療・福祉機器等試作・開発支援事業」を活用して開発いたしました。

製品カタログ(PDF)

Print

PDFファイルをダウンロード

PageTop