ホーム > ニュース > 広島大学の研究グループが開発した「COVID19 検査前処理自動機」に当社製品が採用されました。 - 株式会社アイカムス・ラボ

広島大学の研究グループが開発した「COVID19 検査前処理自動機」に当社製品が採用されました。

広島大学大学院医系科学研究科・細胞分子生物学研究室 田原栄俊教授、疫学・疾病制御学 田中純子教授、ウイルス学 坂口剛正教授、移植免疫学・消化器外科学 大段秀樹教授、感染症学 大毛宏喜教授らの研究グループは、新型コロナウイルス検査のボトルネックとなっている検体の前処理の自動化を行う機器として、「COVID19検体前処理自動機」を開発されました。その分注ユニットとして、当社pipettyのリモート制御カスタム品が採用されました。

 

詳しい内容は下記ページをご参照ください。

【研究成果】新型コロナウイルス検査をスピードアップする検体前処理自動機器の開発に成功~ヒトの手を借りない感染性検体の処理で検査の迅速化と精度をアップ~ | 広島大学 (hiroshima-u.ac.jp)